開催地募集

北海道日本ハムファイターズは来年開催するイースタンリーグ公式戦の道内遠征4試合の開催地を公募するそうです。

※2011年イースタンリーグ公式戦 開催地募集(北海道日本ハムファイターズ公式サイト)

まあ、この日記を普段から読んでいる方はご存じの通り、北海道と名前はついていますが、ファームの本拠地は千葉県鎌ヶ谷市。鎌ヶ谷で普段は試合を行います。(だいたい公式戦を50試合ぐらい)

もちろん、1軍の本拠地は北海道の札幌ドーム。

年間だいたい4試合ぐらい、2軍のファイターズ主催ゲームを北海道内で毎年行っています。

来年はその4試合の開催地を公募。この話を聞いたときにびっくりしましたが、サイトで内容を読んでびっくり。

「プロ野球を通じて地域活性化やまちづくりをしたい」…

この台詞、ちょっとうれしかったです。なぜなら日頃から考えてきたことを同じように考えてきた方が球団内にいることです。

トップアスリートである選手たちが強くなることも大切なんだけど、まわりに潤いを与えることができるのがプロ野球(独立リーグ含む)だと思ってきたからです。

いろいろな意味でそれを通じて地域が華やぐなら、それこそすばらしいことではないでしょうか?

選手が強くなるだけではなく、いろいろな人が関わって、そこで学んでいく。それってすばらしいことですよね。

(アメリカのマイナーリーグや独立リーグはそこがすごく進んでいる)

※今日の内容はミーハーが書くマイナーな野球記にも同様の内容を掲載


トラックバックURL: http://www.taketake.org/minortake/now/592/trackback