中国人の本音はいかに

中国人の本音(安田峰俊著 講談社)を読みました。

中国人=反日一枚岩でしょうか?少数民族の人々への対応は?人々の本音は?著者は中国人がよく使っているインターネット掲示板のスレッドを翻訳・解説しつつ、そこから彼らの本音を紹介した本です。

自分の場合は安田峰俊氏がやっている大陸浪人のススメ~迷宮旅社別館~をひょんなきっかけで知り、その内容のおもしろさにどっぷりはまりました。

わかりやすく翻訳された掲示板の内容に彼らの本音が隠されています。その内容は日本のマスコミがよく引用している「環球時報」が伝えている中国人の考え方とちょっと違うようです。彼らが書き込んでいるインターネット掲示板に書かれたことすべて=中国人の本音ではないにしろ、ある程度は意見を表していると感じています。

今年は尖閣の問題など中国に大きな関心が向けられた年でもありました。そんなときだからこそ、好き嫌いに関わらず彼らの本音は知っておく必要があるのではないでしょうか。一方的に聞くだけ言うだけでは物事は進みません。ましてや相手を知らないまま突き進むのはかなり危険なことです。

全部ではないにしろ、中国で暮らす(特に若者層の)中国人の本音を識ることができる良書です。ご一読あれ。

中国人の本音 中華ネット掲示板を読んでみた

著者/訳者:安田 峰俊

出版社:講談社( 2010-04-20 )

単行本(ソフトカバー) ( 178 ページ )



トラックバックURL: http://www.taketake.org/minortake/review/688/trackback