悲しいね

湘南シーレックスの名称が今季限りとのこと。

いろいろ理由はあるかもしれないけど悲しいね。さびしいね

ファームチームの名前を変えたこと、いろいろな先進的な試みを行ったことはすごく評価していました。

また、自分なりに街おこしのネタとしてプロ野球イースタンリーグや独立リーグを活用してみたらと考えていたので、数年前、何度かその手本たる横須賀へ関心のある人を連れて行ったこともあります。

一番印象深い出来事はたしか2003年の4月末ぐらいだと思います。南淵さん(元マリーンズなどで活躍)と一緒に出かけ、横須賀スタジアムでの湘南シーレックス対日本ハムファイターズの試合を観に行ったことです。

試合内容はあまり覚えていませんが、南淵さんが湘南シーレックスのゲームブックに感銘を受けたことは今も忘れられません。

実は自分とプロ野球OBというと高橋雅裕さんのイメージが強いとよくお会いになる人思う人が多くいるかもしれませんが、最初に出会ったのは南淵さんなんです。高橋雅裕さんを紹介してくれたのは南淵さんです。

高橋雅さんは、今はありませんがTVKのシーレックス戦の中継の解説をよくされていましたよね。そこで修業した成果もあったのか、J-Sportsなどの一軍の試合の中継解説もやるようになりましたよね。そして今はメジャーリーグ中継の解説まで手を広げているようですね。

彼はプロ野球OBですが、なにはともわれ、選手・コーチ以外のことで二軍が修業の場になって成功したいいケースですよね。

高橋雅さんが解説業をやっているのはある意味、シーレックスのおかげかもしれませんよね。シーレックスではなくベイスターズのままだったら、イースタンリーグ中継は行われたのでしょうか?ちょっと疑問です。

球団そのものがなくなるというわけではないのですが、なにかしっくりきません。


トラックバックURL: http://www.taketake.org/minortake/thinking/515/trackback