類推ケース

ちょっとしたメモ書きです。

※記憶違いとかあるかもしれないけど、言ってくだされば訂正します。

アルバニアという国がある。アドリア海を挟んだ反対側にイタリア、モンテネグロやセルビア(コソボ)、ギリシャなどと国境を接していたはず

アルバニアは共産主義独裁体制だった。第二次世界大戦中はイタリアの植民地みたいな扱いだった。大戦後はかなり強烈な共産主義独裁体制だったが、独裁体制は崩壊。自由選挙は行われ、自由な体制になったがいろいろな事件もおきる。(たしかびっくりするようなネズミ講事件も起きたような…)

大型貨物船を乗っ取って、大量の難民を乗せてイタリアにやってきたこともあったような

なんだか、国の混乱課程をみるにあたって参考になりそうな事例がたくさんありそうな気がする。


トラックバックURL: http://www.taketake.org/minortake/thinking/665/trackback